CSSの基本的なこと

CSSは命令書としての考え方

CSSとは、スタイルシートと呼ばれていまして、多くのホームページ制作に利用されています。ホームページその物を表示させるためのファイルは、HTMLファイルと呼ばれてまして別ファイルです。
HTMLファイルのみでホームページを表示させる事も出来ますが、制作に至っては効率的ではありません。例えば、複数のページで利用している画像を変えたい場合は、1ページずつ作業を行って行く必要性があります。HTMLファイル側の複数のページに同じマークを付け、別ファイルのCSSと呼ばれる命令書にマークの表示内容を指定していれば、命令書の内容を変えるだけで全てのページに適応する事が可能になります。
CSSのが出来た当初は、この様な効率のために利用されていましたが、現在のCSSは更に発展をしまして、様々な表現を行うためにも利用されています。

最後の内容が優先的に適応される

一般的にプログラムと言うのは、競合が起きると、エラーの原因になってしまう事もあります。例えば、Aと言う場所にBを表示させる内容と、Cを表示させる内容があれば、CとBでどちらを表示させればよいのか分からなくなってしまいます。喧嘩をする様な内容を、競合が起きていると呼ばれていまして、表示されなくなってしまう原因になってしまいます。
CSSは、この様な競合を防ぐために、最終に命令を出した内容を優先しています。そのため、CSSを扱ってデザインを変えたい場合は、CSSの記載されている内容を探す必要性はありません。最後に命令文を足せば、変える事が出来ます。これは、元に戻したい場合にも効果を発揮しまして、加えた命令文を削除するだけで元に戻す事も出来ます。加えた命令文を探すのも煩雑だと感じるのであれば、元の命令文を最後に加える方法もあります。